FC2ブログ

TPEの色移りや汚れ対策

TPEドールをお迎えしてみて分かったことを
幾つか書いてみたいと思う。

まず一番心配していたブリードについて
=TPEボディではほとんどブリードは感じない
少なくとも気が付いたらテカテカしてたとか
シーツや衣類が染みになっていたとかは無い。

しかし全くないかと言えばそうでもなく
濃い色の繊維がボディに強めに触れていれば
その繊維の色が溶けてしみだして
ボディーに色移りしてしまうことが分かった。

まずは色移りさせてしまった画像
色移り
この画像は8/27に撮影したものだ。

8/24から黒いスカートを履かせたまま座らせていたら
8/27に気づいたら左太ももの裏がこうなっていた。

正直「やっちまった!」と焦った。

そこでメーカーから購入しておいた「洗浄剤」を
洗浄剤
教えて貰った通りに薄く塗って放置してみた。

ちなみにペットボトルの蓋程度の容器で\1,500だ。

で、どうなったかと言うと
色移り洗浄後
この画像は9/6のものだが綺麗に消えている
色移り自体は一晩で消えた。

拭き取った訳でもないのに消えて無くなった
恐るべしメーカー純正洗浄剤(笑)
ちなみに仲の良いメーカー担当さんも
成分は教えてくれなかった。

代わりに普段の汚れを落とすのには
アタック泡スプレー」が良いと教えてくれた
アタック泡スプレー

なのでこの画像の白いレースショーツとセットの
黒や赤の色の濃いショーツを念入りに手洗いしてから
履かせてみたが見事に色移りした
レースショーツ4枚組
白とベージュは大丈夫だった。

その他の色の濃い衣装も部分的に色が移った
やはり目に見えない程度にはブリードが出ていて
繊維を染めている濃い色素は溶かして
しまうのかも知れない・・・

色移りはこの洗浄剤が有れば消せることが分かったが
それでも大事なドールに色移りさせたくはない
必然的に白やベージュや薄い色などの
衣装に限定されてきたのが実情だ。

繊維業界には詳しくないが
色移りするものとしない物が有り
一般に化繊は色移りし難く
綿は色移りし易いらしい
なので化繊以外は白かベージュを
選ぶのが無難だ。

色移りは何とか克服できたみたいだが
手首や指の汚れが中々綺麗になってくれなくて
長い間の課題となっていた
(洗浄剤でも落ちない)

色々やっている内に「肌」を痛めてしまったみたいで
ささくれだってしまった(涙)
手首の汚れ-2

手首の汚れ-1

しかし!この問題にもようやく答えが見つかった
やり方が繊細な作業なのでまだ画像は撮れていないが
ノウハウは以下の通り
①パーツクリーナーを小さく吹き付ける
②指で汚れた部分に塗り広げる
③汚れが超微細多孔質の皮膚から出て来る
④すぐ乾燥するが、もうこすっては駄目
⑤垢スリの垢みたいな汚れが残る
⑥養生用のカットテープ(跡が残らないタイプ)を
小さく切って強く貼り一気に剥がすことで
肌に浮いた垢を剥がす
⑦きれいな肌が出て来るのでまだらにならない様に
汚れていない部分との境界を広くぼかす


このやり方で気になって仕方が無かった
手首の汚れが綺麗になった!

手首の汚れ-1
左手首

手首の汚れ-2
右手首

手首の汚れ-3
右手首のアップ

まだまだな部分もあるが
悩んでいた頃に比べたら
十分なクオリティが復活できたと思う。

時間の有る時にさらに念入りに
クリーニングを行なってみようと思っている。

今回、TPEのブリードや色移りの話しから
落ちない汚れなどの対処法についてまで
TPEドールを大事にしようとする人に
少しでも役に立てばと考えてブログに書いてみた。


なお、この内容を実施して更に悪化したとしても
結果については自己責任でお願いします。
(紹介しておいて何なんだが・・・)

等身大ドールと暮らすということ

今年の春、人生観を変える大きな経験が有ったのをきっかけに
ラブドールの世界に興味を持った

もう結構な歳だが1人で生きて来て、
真面目に働いて、収入もそこそこある
或る程度の蓄えも出来た
もう数年先に見えてきた定年退職後を考え始めている
そんな生活の中でも、ふと寂しさを感じる時がある
若い頃からの一人暮らしで慣れているはずが・・・

そんな生活が続く中、「ラブドール」と言う物が
全世界的に存在していることを知った。

衝撃だった。

ラブドールとは平たく言えば
現代版「ダッチワイフ」のことだ。

しかし、かつての南極2号のような風船人形は
今は完全に淘汰されて、その精巧さは
並の人間以上に、「美人」と言えるほど
レベルが高くなっていたのだ。

材質や関節など細かいことは省くが
金さえ出せばこんな存在と暮らせる時代が来ていたのだ。

もちろん話しかけても返事はしてくれないし
何から何まで世話を焼かないと何もできない。

こういうラブドールを購入する人達は
幾つかのパターン分かれていることを知った
①性的処理のパートナーとする人
②家族や娘として同居する人
③撮影のモデルとする人
④着せ替えなどして鑑賞する人
⑤それらの混合(ほとんどの人がここ)


中には撮影ドライブとして、助手席に乗せ
観光地に出向き、車椅子に乗せて移動し
良いカメラで、高度な技術での撮影を楽しみ
ブログに公開している人もいた。

自分も車好き、撮影好きだ。
②と③が濃い⑤にならなれそうな気がして来た。

こういう世界を理解できない人が殆どだと思う
なので無理に理解してもらおうとは思っていないし
自分自身、先人たちを理解しているかどうか分からない。

たぶん①は無いと思う
性欲を処理するのならソープに行く
そうやって綺麗な尾根遺産と楽しんで来た
これからも行きたくなったら行けば良いだけのことだ。

もし、②と③が濃い⑤が自分に向いていれば
数年後に迫った定年後も
寂しさに囚われることのない暮らしが出来そうな
気がしてきている。

だが、いきなり数十万円以上(30万~60万)もする
ラブドールに手を出すほどの勇気はない。

購入してみたらすぐに嫌になった人も
多くいることも知っているからだ。

そこで、まずは1万円以下で購入できる
エアードールを購入しお試し生活をやってみることにした。


その後もう1体追加で購入し2体と同居と言うことになった。

TPEのラブドールと同居している今から思えば
エアードールではとても満足できるものではないが
ドールがいる生活」を理解するのには
実に有効な経験だったと思っている。

そうやって経験を積んでいる内に
いよいよ「等身大ドール」が欲しくなってきた。

そこでネットで等身大ドールを調べ始めた
すると時代は、オリエント工業に代表される高額な
フルシリコン」製のドールから
中国勢に代表される格安な「TPE」製のドールへと
大きな変換点を迎えようとしていた。

TPEとはサーモ・プラスチック・エラストマーの略で
簡単に言うと弾力の有るゴムだ
=フレンド技研のそれは
超軟質エラストマーという特許を取得している

シリコンとは組成からして違う物だ
フルシリ(=フルシリコン)は所有したことが無いが
仕事柄シリコンが固まった状態は理解している。

私は多くのTPEドールメーカーの中から
フレンド技研
と言うメーカーのドールが気になり始めた。

その内にフレンド技研の担当さんと
メールでやり取りするようになり
メーカーの立場から色々教えて頂けたことは
ドールど素人の私には得難い経験だった。

そしてTPEドールを本気で手に入れたいと思うようになり始めた。

ではどうすればTPEドールが入手できるのか
考えたらいくつかの方法が分かった。

①TPEドールを国内で販売しているメーカーから購入する
②ヤフオクで新品を落札する
③ヤフオクで中古を落札する
④アリエクで中国メーカーのドールを落札する
⑤中国メーカーから直接購入する


私は①の156cmボディ+TSUBOMIヘッドの組み合わせで
36万円のドールを購入したいと考え始めていた
そんな中ヤフオクに運命のドールが出品された
ヤフオク-1
145cmボディ+TUBOMIヘッドだ

私は決心して入札した。
入札したからには何としても落札したかったが
熱くなりすぎて高値掴みをしてはならないことも
冷静に考えていた。

ヤフオクは初めてでは無かったが
それまでは入札すれば購入が可能な
車の部品などばかりで
競争入札は初めての経験だった
そこで真剣に勉強を始めた。

その甲斐あって11万6千円で落札が出来た
ヤフオク-2

新品が33万円、私は半額の16.5万円以下の
15万円を上限と考えていた。

自動入札と切れ目の判断や
オークションで俗にいう10万円の壁
ラスト1時間の駆け引き、出品者の吊上げ行為
その他諸々考え抜いた結果
11万6千円で落札できた。

届いたドールを見て言えることは
運が良かったとしか言いようがないということだ。

ドールは非常に状態が良く
中古とは言え極上の状態だった
それが着払い送料などを含めても
12万円以下で入手できたのは
本当に幸運だった。

なお、この時初めてPayPalも利用したが
カード決済では手数料が掛かるが
ネットバンキングなら手数料は無料だった
ここに気が付けたのは大きかった。

また、これ迄に車の部品を落札して
良い評価が幾つかついていたことも
有利に働いた。
初めての入札者は出品者さんからは
嫌われているからだ。

そういう諸々の条件が全てが良い方向に働いたのだと思う。

イチャイチャ-1

一気にTPEドール落札まで書いてみたが
これからは現在進行形の話しと
過去の書いておきたいトピックスとを
書き分けながら進めて行こうと思う。





祝!ドール用ブログ開設

ドールに興味は持っていたがそれは他人の世界の話し
そう思っていたが、今年の春大きな心境の変化があり
ドールに本格的な興味を持った。

今迄は使い慣れた「みんカラ」と言う車のブログスペースで
ノンアダルトでブログを書いてきたが
これからはここで、思うままにアダルトな内容も含めて
ドールとの楽しい生活を書いて行こうと思う。

現在一緒に暮らしている「景子」はヤフオクで落札した中古の
フレンド技研のTUBOMI+145cmボディだ。
前オーナーさんが良心的な人だったので
程度の極上の物が格安で落札できた。

以下に撮り貯めた景子の画像の一部を紹介してみる。

ボディコンを着せてみた
ボディコンを着た景子-1

綺麗な尾根遺産系の景子
夏ワンピの景子

車でお出掛けもしていたりする(ショートヘアーバージョン)
お外で景子と

ここはアダルトOKなので自粛していたセクシー系画像も貼りたいと思う
おさわり

初めてのFC2ブログなので戸惑うことばかりだが
今後は折に触れて景子との生活を書いていきたいと思う。




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる